医療NEWSカテゴリ一覧

内視鏡治療後の再度の胃がん発生リスク診断法を開発

カテゴリ:医療NEWS, 癌治療 タグ: , , ,  投稿日:2017年01月16日

国立研究開発法人国立がん研究センターは、胃粘膜に蓄積したDNAメチル化異常の程度を測定することにより、早期胃がんを内視鏡で治療した後に再び別の胃がんが発生するリスクを予測する新たな診断法の開発に成功した。

DNAメチル化(メチル化)は、遺伝子を使用するかしないかの目印として細胞が利用している情報である。その異常(DNAメチル化異常、または、メチル化異常)には、遺伝子暗号が変化していないにもかかわらず遺伝子を使えなくなる効果があることが知られている。メチル化異常は生涯残るために、突然変異と同様にがんの原因になるといわれている。

研究グループは、ピロリ菌感染歴のある早期胃がんの内視鏡治療後の胃がん患者826名を対象に、除菌後、胃の中の一定の場所から採取した胃粘膜(がんではない正常な胃粘膜)について、3つの遺伝子のメチル化異常の程度を測定した。その後、毎年1回の内視鏡検査により平均5年の経過観察を行い、別の新たな胃がん(異時性多発胃がん)が出来るかどうかを調べた。826人の参加者の中で経過観察を行えた795名のうち、異時性多発胃がんが133名に発生した。確実に最初に内視鏡で治療した胃がんとは別の胃がんであると考えられる胃がんに限っても116人に発生していた。3つの遺伝子(miR-124a-3、EMX1、NKX6-1)のうちのどれか一つのメチル化異常の程度により患者を4段階に分けて、胃がんの発生しやすさを比べた。その結果、miR-124a-3遺伝子においてメチル化異常の程度が最も高かったグループの人は、最も低かったグループの人と比べて3倍胃がんになりやすいことが分った。

本研究成果により、遺伝子のメチル化異常の程度を測ることで、発がんリスクの診断が可能であることが示された。現在、臨床実用化を目指して、ピロリ菌除菌後健康人を対象に、メチル化異常の程度を測定し胃発がんリスクを予測する多施設共同前向き臨床研究を全国66施設の参加で行っている。このリスク診断が実用化されれば、検査結果(発がんリスクの程度)に応じて検診の頻度を変えるなど、検診者の負担軽減、ひいては医療費の削減が期待できるであろう。また、メチル化異常は慢性炎症に起因する他のがんにおいてもその原因として重要であることが知られている。従って、本研究と同様のリスク診断の手法が、肝炎ウイルスや脂肪肝を背景とした肝臓がん、潰瘍性大腸炎由来の大腸がんなどにも応用できることも期待できるであろう。
(Medister 2017年1月16日 中立元樹)

<参考資料>
国立がん研究センター 内視鏡治療後の再度の胃がん発生リスク診断法を開発 ピロリ菌除菌後の健康人で実用化、早期発見・早期治療を目指す

全国がん登録・統計広告賞(サンキューバトンアワード2016)シンボルマーク、コピー、ポスター各賞決定

カテゴリ:医療NEWS, 癌治療 タグ: , , ,  投稿日:2017年01月11日

国立研究開発法人 国立がん研究センター(略称:国がん)がん対策情報センターは、本年より始まった全国がん登録の仕組みの重要性と必要性を多くの人々に伝え、理解を促すための「全国がん登録・統計広告賞(サンキューバトンアワード2016)」を開催し、全国がん登録制度のシンボルマーク、コピー(キャッチフレーズ)、ポスターを去る8月に募集した。全国よりシンボルマーク106件、コピー2,464件、ポスター54件の応募があり、国がん及び審査委員の選考した金賞3作品と優れたデザイン・インパクトに審査委員が与える特別賞3作品が決定した。

今回の募集で入賞したのは、まず金賞3作品については、シンボルマーク部門では大阪府のデザイナー永田康二さん、コピー部門では愛知県のアドパブリシティ山中彰さん、ポスター部門では東京都のグラフィックデザイナー田村貞夫さんが受賞を遂げた。また、特別賞3作品については、シンボルマーク部門では兵庫県のタイポグラフィワークス小柴雅樹さん、コピー部門では東京都の博報堂DYデジタル廣本嶺さん、ポスター部門では東京都のグラフィックデザイナー小川清勇さんが受賞している。

今回審査員を務めた佐藤夏生氏(HAKUHODO THE DAY Creative Director / CEO)は、「審査にあたっては、『深さ』と『広さ』のある作品かどうかを意識しました。これから長く育てていく活動なので、それなりの耐久性が求められますから。今回選ばれた作品は、シンプルで分かりやすく、伝わるものだと思います」と講評し、各作品の価値を評価した。

「サンキューバトン」とは、未来のがん患者の命につながる全国がん登録の考えを、過去、現在のがん患者の統計情報を未来へつなぐことで、すべての人のがんの予防につなげることを表すもので、2015年には全国がん登録PRサイト「サンキューバトン」を開設しているという。受賞作品は、今後、全国がん登録や、国立がん研究センターがん対策情報センターがん登録センターの活動をPRするための素材として、加工された上で活用される予定である。また国がんは、このようなアワードを継続的に実施することで、がん登録の意義を国民に周知し、より身近な制度として社会で認知されるように努めていくことを当面の目標に掲げている。
(Medister 2017年1月10日 中立元樹)

<参考資料>
国立がん研究センター 全国がん登録・統計広告賞(サンキューバトンアワード2016)シンボルマーク、コピー、ポスター各賞決定



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.