医療NEWSカテゴリ一覧

新たな研究手法開発によりがん抑制microRNA-34aの標的遺伝子を同定

カテゴリ:医療NEWS, 癌治療 タグ: , ,  投稿日:2017年04月27日

東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科システム発生・再生医学分野の淺原弘嗣教授、伊藤義晃プロジェクト助教の研究グループは、国立成育医療研究センター、名古屋市立大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、カリフォルニア工科大学及びベックマン研究所との共同研究で、がんなど様々な疾患において重要な働きを担うmicroRNAの標的遺伝子を同定する新たな方法を開発し、がん抑制microRNA-34aの新たな標的遺伝子として、乳がんの増悪化に関わるGFRA3を同定した。

microRNAは、標的となるmRNAの主に3’UTRに結合してその遺伝子を抑制する働きを持つ、タンパク質をコードしない小さなRNAで、がんを始めとした様々な疾患において重要な役割を持つことが知られている。本研究では、mRNAの5’UTR、コーディング領域、3’UTRを含む全長遺伝子配列をレポーターとして用いて、タンパク質レベルでの発現変化を測定できるルシフェラーゼアッセイをベースにした、短期間でかつ効率的にmicroRNAの標的遺伝子を同定する手法を開発する事に成功した。この手法を用いて、がんを抑制する機能を持っていることが分かっているものの、その詳細な機能は未知の部分が多かったmicroRNA-34a(miR-34a)の標的遺伝子の同定を試みた。

本研究グループが開発したmicroRNAの標的遺伝子を同定する新しい手法(レポーターライブラリーシステム)を用いて、がん抑制microRNAであるmiR-34aの標的遺伝子の探索を行った。その結果、既に報告されている標的遺伝子に加え、新規な標的遺伝子として、GFRA3、FAM76A、REM2およびCARKLを同定した。また、microRNAは主に標的遺伝子の3’UTRを介して制御すると言われているが、GFRA3はタンパク質をコードしているコーディング領域(CDS)を介して直接制御されていることが明らかになった。

このGFRA3をMDA-MB-231という乳がん細胞においてノックダウンすると、MDA-MB-231細胞の増殖が抑制された。またGFRA3の発現が高い乳がんを持つ患者は、GFRA3の発現が低い乳がんを持つ患者に比べて生存率が低いことが分かった。これらの結果から、GFRA3は乳がん増悪化に関わる重要な遺伝子であることが明らかとなった。

本研究において作製したレポーターライブラリーシステムにより、がん抑制microRNAであるmiR-34aの標的遺伝子を探索した結果、新しい標的遺伝子の同定に成功したことから、今後も本手法を用いたmicroRNAの標的遺伝子の同定により、がんやその他の疾患の病態解明に寄与することが期待される。

(Medister 2017年4月24日 中立元樹)

<参考資料>
国立研究開発法人日本医療研究開発機構 「新たな研究手法開発によりがん抑制microRNA-34aの標的遺伝子を同定」―microRNA-34aによる乳がん抑制機能に重要な標的遺伝子を同定―

治験業務における効率的かつ信頼性の高いリモートSDVシステム導入

カテゴリ:医療NEWS, 癌治療 タグ: , ,  投稿日:2017年04月24日

国立研究開発法人国立がん研究センター(略称:国がん)東病院は、治験業務において効率的かつ信頼性の高いリモートSDV (Source Data Verification)システムを、日本マイクロソフト株式会社(以下:日本マイクロソフト)と富士通株式会社の技術支援によりマイクロソフトのパブリッククラウドサービスを基盤にシステムを構築し、治験依頼者である製薬企業のSDVに対して当該システムの導入を開始することとなった。

治験依頼者は、収集した被験者に関するデータをまとめた症例報告書医療機関における記録との整合性の検証作業を行い、データが正確であることを確認するSDVを行っている。SDVは、原資料の持ち出しが禁じられているため、従来は医療機関内でSDVを行う必要があり、医療機関内にSDV専用室の設置・管理などを行う体制整備が必要であった。東病院では年間100を超える治験を請け負っており、14室のSDV専用室は、常に治験依頼者により埋まっている状態であった。一方、治験依頼者においては、医療機関へ訪問するための交通費や宿泊費などのコスト、日中の限られた時間帯での作業による時間調整の負担などがかかるため、SDVの効率的運用が求められてきた。

遠隔でSDVを行えるリモートSDVは、治験実施医療機関に赴き直接原資料を閲覧するSDVと比較して、専用の閲覧スペースの不要化やモニタリングの効率化、費用の削減などのメリットがある一方、閲覧資料が本当に原資料であるかどうかの真正性確保やアクセス・セキュリティ確保などが問題として挙げられる。そこで今回、真正性やセキュリティに配慮し、院内の原資料を遠隔閲覧できるリモートSDVシステムを構築した。

今回開発されたリモートSDVシステムと治験原データ管理システムを連携することにより、真正性が確保された原資料を外部から直接閲覧することが可能であり、医療機関を訪問して閲覧できるSDVと同じデータが表示されるという。また、リアルタイムに原資料が治験原データ管理システムに反映されるため、閲覧内容に時差が生じることもない。開発はコストや事業継続性を意識して、日本マイクロソフトが提供するパブリッククラウドサービス上に、治験原データ管理システムにアクセスし原資料を閲覧するためのリモートSDVシステムを構築した。パブリッククラウドを利用することで、サーバー設置に係る費用を大幅に削減できるとともに、スペックをフレキシブルに変更できることで、利用者の増減に際し問題なく対応可能となった。

本リモートSDVシステムを機に、東病院における病院情報システムはグローバルスタンダードを見据え、今後は、CDISC標準などの海外標準の採用も視野に入れたシステム開発を行い、治験に係る必須書類についてドキュメントの電子化についても、検討して行く予定だという。

(Medister 2017年4月17日 中立元樹)

<参考資料>
国立がん研究センター 治験業務における効率的かつ信頼性の高いリモートSDVシステム導入 パブリッククラウドを活用し、グローバル化対応により医薬品開発を促進



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.