ビジネスワイヤカテゴリ一覧

サンフランシスコで5月11日に開催される賞金100万ドルのコンテスト「スタートアップワールドカップ」に世界トップの技術リーダーが参加

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2018年04月19日

「グランドフィナーレ」に6大陸・30地域の予選で勝ち残った新興企業の創立者が参集

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- スタートアップワールドカップは本日、サンフランシスコのマリオット・マーキスで2018年5月11日に開催する2018年スタートアップワールドカップ・グローバルグランドフィナーレの講演者と審査員を発表しました。今年のスタートアップワールドカップは、昨年8月のブラジルを皮切りに、30地域での予選が4月末まで世界各地で実施されます。地域予選の勝者が投資賞金100万ドルをかけて、グランドフィナーレイベントで競い合います。



スタートワールドカップは、シリコンバレーを拠点とする世界的ベンチャーキャピタル(VC)企業のフェノックス・ベンチャー・キャピタルが主催しています。グランドフィナーレイベントには、新興企業と技術界の著名な講演者と審査員が参集し、交流とコンテストが終日行われます。コンテストを見守る参加者は2500人を超える見通しです。新興企業の出身国は北米、南米、欧州、アフリカ、アジア、オーストラリアに及び、AIおよびIoTから、ライフサイエンス、医療技術までのさまざまな技術を手掛けています。

2018年スタートアップワールドカップ・グランドフィナーレでは、下記の基調講演者を迎えます。

  • リード・ホフマン氏、リンクトインの創立者・最高経営責任者(CEO)、グレイロック・パートナーズのパートナー
  • ジョン・チェンバース氏、シスコの前最高経営責任者(CEO)、JC2ベンチャーズの創立者
  • アダム・チェイヤー氏、シリの共同創立者
  • ロン・コンウェイ氏、SV Angelの創立者
  • ビノッド・コースラ氏、サン・マイクロシステムズの共同創立者、コースラ・ベンチャーズの創立者
  • マーク・ランドルフ氏、ネットフリックスの共同創立者
  • ジェイ・ビジャヤン氏、テスラの前最高情報責任者(CIO)

今年のスタートアップワールドカップの優勝者は、Yコンビネーターのジェフ・ラルストン氏、ソーシャル・キャピタルのアシュリー・キャロル氏、ファウンダー・インスティテュートのアデオ・レッシー氏、インデックス・ベンチャーズのNina Achadjian氏など、オールスターの投資家審査員団が選出します。

5月11日に開催される2018年グランドフィナーレへはこちらからご登録ください。

フェノックス・ベンチャー・キャピタルについて

フェノックス・ベンチャー・キャピタル(VC)はシリコンバレーに拠点を置く世界的ベンチャーキャピタル企業として、120社以上に投資してきました。フェノックスVCは、米国、アジア、欧州に及ぶ国際的ネットワークを活用して、当社のポートフォリオ企業による世界的拡張を支援しています。フェノックスVCの詳しい情報については、www.fenoxvc.comをご覧ください。

報道関係者

報道関係者はスタートアップワールドカップ・グランドフィナーレ用のメディアパスをこちらから申し込みいただけます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

フェノックスのパートナー、コンテストに参加する新興企業、講演者へのインタビューをご希望の方は、下記へお問い合わせください。
Fenox Venture Capital
Jeff Lettes, +1-408-645-5532
jl.stratcomm@gmail.com

Certara社がマーケットアクセス、医療経済・アウトカム研究(HEOR)およびリアルワールドエビデンスソリューション分野のリーダーであるAnalytica Laser社を買収

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2018年04月19日

本買収により、Certara社のモデルを活かした医薬品開発とレギュラトリーサイエンスにおける意思決定のポートフォリオにリアルワールドにおける医薬品の有効性予測と価値評価が加わります

ニュージャージー州プリンストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- モデルを活かした医薬品開発とレギュラトリーサイエンスのグローバルリーダーであるCertara®社は本日、医療経済・アウトカム研究(HEOR)とリアルワールドデータの活用を通して、医薬品および医療技術の価値に関する最高水準の科学的エビデンスを提供することを目指すグローバルコンサルティンググループAnalytica Laser社を買収したことを発表しました。Analytica Laser社は英国のロンドンに本社を置き、欧州と北米の拠点を中心に、ほぼ全員が学士号以上の学位を有する約100名の定量的科学に精通するサイエンティストとコンサルタントを擁します。

Analytica Laser社は、最先端の定量的方法論と独自仕様のソフトウェアを活用して、医薬品の価値評価に必要なリアルワールドにおけるアウトカムを研究・予測します。ヘルスケア製品のリアルワールドにおける価値および影響、さらに公衆衛生における意思決定の評価にエビデンスに基づく方法論を活用したパイオニアである同社は、その洗練された分析技術、先進的な薬剤疫学、薬剤経済学、モデリングおよびデータサイエンスの専門性、公衆衛生に関する知見、さらに広範に及ぶ経験を統合することで価格およびマーケットアクセス戦略に関する助言を提供します。

さらに、Analytica Laser社は、Health Outcomes Performance Estimator(HOPE TM)と呼ばれる独自技術を開発しています。HOPE TMは、臨床試験結果やポピュレーションヘルスに関する知見を、期待されるリアルワールドに対する影響に反映させます。HOPE TMは、ベイズ的な動的モデリングエンジンに基づき、医薬品の有効性とその予測に影響する動的な曝露と要因を考慮させることが可能です。

「現代では、規制当局の承認取得は、医薬品やそれによる治療のコマーシャルサクセスを約束するものではなく、また製品の市場導入自体を保証するものでもありません。」とCertara社のCSC (Certara Strategic Consulting Services) の代表であるThomas Kerbusch, PhDは述べています。さらに、「現在、各医薬品は、ペイヤーや保健当局側の立場から評価された後、保険償還対象医薬品リストへの収載、償還率の考慮、治療計画への組み込みを経て、医療提供者が処方することができます。当社にAnalytica Laser社が加わることにより、第I相試験の早期から、製品のライフサイクル、医療技術評価やペイヤーの意思決定まで、HEORとリアルワールドにおける価値に関する重要な課題の考慮をも可能にする、当社の科学技術的な意思決定支援システムの拡大が実現されます。」と述べています。

Analytica Laser社のゼネラルマネージャーであるRoman Casciano(MSc)は次のように述べています。「Certara社はモデルを活かした医薬品開発の分野で広く認知されたリーダーとして定量的ソリューションや影響力のあるコンサルティング、広範なグローバル展開を含めたポートフォリオの拡大を継続しており、その一員に加わることを嬉しく思います。両社の相補的なアプローチにより、HEORおよびリアルワールドにおける価値評価と医薬品の安全性や効力に対する知見を提供するファーマコメトリクスが統合され、我々のお客様に対して比類ない市場優位性を提供することが可能になります。」

Analytica Laser社の意思決定支援アナリティクス部門長であるBilly Amzal(PhD、X-Eng、MSc、MPA)は次のように述べています。
「Analytica Laser社がCertara社に加わることにより、総勢約250名のモデリングおよびアナリティカルサイエンティストが医薬品開発とマーケットアクセスの課題に取り組むことになります。さらに、両社の間には自然な相乗効果があります。例えば、我々は、BaseCase TMを用いてモデル開発から活用、それによるコミュニケーションまでシームレスに統合し、Synchrogenix部門と協力することで保健当局やペイヤーに対するレギュラトリーサイエンスに関する助言およびコミュニケーションを支援することができます。」

今年初め、Certara社はBaseCase Management GmbH社を買収しました。同社は、データビジュアライゼーションを活用した医薬品や医療機器のROIやビジネスケースを支援する価値提案作成を促進する技術開発と価値の創出を専門としています。BaseCase社のインタラクティブなプラットフォームによって、製薬会社や医療技術企業は、ペイヤーや保健当局との直接の会議においてモデル解析結果とリアルワールドのデータセットの両方を視覚的に表現することが可能になります。Analytica Laser社とBaseCase社が当社に加わることにより、比類無いエンド・ツー・エンドなソリューションを市場に提供するとともに、医薬品の安全性や効力に関する解析や知見を製品の有効性や患者アウトカムと関連付け、複雑なデータを効果的に説明することが可能になります。

Casciano氏は、CSC代表であるDr. Kerbuschの下でシニア・バイス・プレジデントとして、Certara社の新部門となるマーケットアクセス、HEORおよびリアルワールドエビデンスグループを率います。また、Dr. Amzalは引き続きシニアマネジメントの立場として、意思決定およびリアルワールドデータアナリティクス部門担当のシニア・バイス・プレジデントを務めます。

Analytica Laser社の創設者であるLucien Abenhaim, MD, PhDはサイエンスアドバイザーとしてCertara社に新たに加わります。Dr. Abenhaimは世界的に著名な薬剤疫学・公衆衛生の専門家です。同氏はこれまでにフランス保健省の保健局長、首席医務官、全保健関連組織長、さらに世界保健機関(WHO)の執行理事会の委員を務めています。また、同氏はLSHTM (London School of hygiene & Tropical Medicine)の疫学の名誉教授でもあります。

Dr. Abenhaimは次のように述べています。
「Analytica Laser社がCertara社に加わり、引き続き深い理解に基づいた科学知識の応用を通して、患者の健康に貢献できることを非常に嬉しく思います。両組織間において今後多くの驚くべき相乗効果が期待され、組織全体、従業員、さらにお客様にとって非常に明るい未来を確信しています。」

本件に関する財務内容は開示されていません。

Analytica Laser社について

Analytica Laser社はポピュレーションヘルスに関する知見と活用におけるグローバルリーダーです。同社は、医薬品や医療技術のリアルワールドの価値に関する最高水準の科学的エビデンスの提供に取り組んでいます。同社のコンサルティング、研究、データサービスは、20を超える国々の代表的な医薬品、医療機器および公衆衛生分野における先進企業に提供されています。同社は、より安全、より簡便、より手頃な価格の新治療へのアクセスを高めることにより、毎日、数百万人の患者の利益に直接的に貢献しています。Analytica Laser社は、欧州、北米、MEAの保健システムにおけるエビデンスに基づく方法論の活用のパイオニアであると評価されています。各地域に拠点を置く同社のチームは、研究の専門性、洗練された分析技術、先進的な薬剤疫学、公衆衛生情報、医療経済学、数十年に及ぶ薬価・市場アクセス戦略に関する知見を組み合わせた、医薬品や医療技術の価値評価を強みとしています。Analytica Laser社の本社は英国のロンドンにあり、欧州と北米の8ヵ所に拠点を置きます。詳細は、www.analytica-laser.comをご覧ください。

Certara社について

Certaraは、医薬品開発の最適化と医療効果の向上を目指し、意思決定支援技術やコンサルティングサービスを提供するリーディングプロバイダーです。医薬品開発からマーケットアクセスまで、優秀なエキスパートによる薬事戦略の提案や最先端モデリング&シミュレーション技術による、医薬品の申請承認取得とコマーシャルサクセスを総合的にサポートします。取引先は全世界に及び製薬企業・ベンチャーキャピタル・アカデミア・規制当局等、クライアント様は数百社に上ります。詳細については、https://jp.certara.com/ をご参照ください。


Contacts

サターラ社 お問い合わせ窓口:
Ellen Leinfuss, 609-216-9586
Chief Marketing Officer
メディア関係 お問い合わせ窓口:
Rana Healthcare Solutions
Lisa Osborne, 206-992-5245
lisa@ranahealth.com



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.