プレスリリースカテゴリ一覧

【PR】 丸善雄松堂株式会社の英文校正・翻訳サービス 年度末割引キャンペーン実施のお知らせ

カテゴリ:プレスリリース タグ: , ,  投稿日:2016年02月18日

プレスリリース 丸善雄松堂株式会社

要旨

丸善雄松堂株式会社では、医療機関、大学などの教育機関、図書館、企業にご所属のあらゆる分野の研究者ニーズに応えることを目的とする研究者支援ソリューションサービスの一環として、論文の英文校正・翻訳サービスを展開しています。
その英文校正・翻訳サービスにおいて2月23日(火)より、全サービスを5%割引で提供する「年度末割引キャンペーン」を実施いたしますので、お知らせいたします。

概要

丸善雄松堂株式会社は、明治以来の事業の柱である書籍販売の他、大学や図書館、企業にご所属のあらゆる分野の研究者ニーズに応えることを目的とする研究者支援ソリューションサービスを展開しています。
その研究者支援ソリューションサービスの中でも英文校正・翻訳サービスは、成果物の品質の高さ・対応のきめ細やかさにより、全国の病院などの医療機関、大学などの教育機関にご所属の研究者様より高い評価を頂いております。

英文校正・翻訳サービスをより多くの研究者の皆様にご利用いただくため、2月23日(火)より、すべてのお客様のお見積り金額から5%割引をする「年度末割引キャンペーン」を実施いたします。翻訳サービスでは5000文字以上の場合はボリューム割引と併用でき、通常よりお得な料金でご利用いただけます。期間中は何度でもキャンペーン価格でお見積いたしますので、この機会にぜひ丸善雄松堂の英文校正・翻訳サービスにお問い合わせください。

下記にてキャンペーンの説明をいたします。

<年度末割引キャンペーン>
期間: 2016年2月23日(火)~3月22日(火)
対象: 期間内にお見積りのご依頼をいただいたお客様全て
概要:
期間中は全サービス5%割引になります。翻訳サービスでは5,000文字以上の場合はボリューム割引と併用でき、通常よりお得な料金でご利用いただけます。期間中は何度でもキャンペーン価格でお見積いたしますので、ぜひこの機会にご依頼ください。
※最低受注価格の場合、この割引は適用されません。(最低受注価格:英文校正、日英翻訳共に5,000円)

参考URL

http://kw.maruzen.co.jp/kousei-honyaku/

お問い合わせ先

お見積をご希望の場合は、下記URLの丸善雄松堂 英文校正・翻訳サービスのホームページにアクセスいただき、専用お見積りフォームよりお問い合わせください。
http://kw.maruzen.co.jp/kousei-honyaku/

ご不明点などございましたら、丸善雄松堂 英文校正・翻訳サービスコールセンター(ECCenter@maruzen.co.jp)までご連絡ください。

丸善雄松堂株式会社について

商号:丸善雄松堂株式会社
代表者:代表取締役 松尾 英介
所在地:〒105-0022 東京都港区海岸1-9-18 国際浜松町ビル
設立:1880(明治13)年3月30日
資本金: 1億円
従業員数:社員 単体 317名/臨時職員 年間平均 約2,400名(平成25年2月1日現在)
主な事業の内容:書籍・文具等の販売業、建築工事の設計・監理・請負業、学校教育事業に関する経営コンサルティング業務 他
URL: http://yushodo.maruzen.co.jp/

本件に関するお問い合わせ先

丸善雄松堂株式会社
英文校正・翻訳サービスコールセンター
担当:古屋
Tel:03-6367-6097
E-mail: ECCenter@maruzen.co.jp

 

【PR】 EOG滅菌監視装置(EOGモニタリングシステム)の医療機器に関する技術移転情報

プレスリリース スペースワークス

要約

EOG滅菌監視装置(EOGモニタリングシステム)の製品に関する技術移転等の業務提携企業を募集

内容

b7162e6daaabfdc24f10ecaa8fd2ead3温度センサ開発のスペースワークス(京都府亀岡市/代表和田耕一)は、多数のEOG滅菌器のEOガス濃度が自動連続計測できる「EOG滅菌監視装置の技術移転情報」を公開した。

【A】EOG滅菌監視装置の製品に関する技術移転等の業務提携の概要

1.EOG滅菌監視装置の製品化に関する技術移転であり、開発製品とする技術である。
また、その技術は各種ガスの濃度計(分析機器)にも使用できる。
2.EOG滅菌監視装置の製品に関する販売であり、製品の販売、販売代理店等である。
(備考):EOG滅菌監視装置(EOGモニタリングシステム)はEOガス分析機器の医療機器である。

【B】EOG滅菌監視装置(EOGモニタリングシステム)の製品に関する資料

■EOG滅菌監視装置の概要

1.各EOG滅菌器チャンバーと各ガス導管で接続し、サンプリング切替器により、各チャンバー内のEOガスをサンプリング採取ができ、導管流路を制御し、サンプリングしたEOガス濃度を計測(測定分析)し表示ができる。また、チャンバー内の温度と湿度を計測収集し、表示ができる。
2.各EOG滅菌器の各チャンバー内のEO濃度及び温度、湿度を自動連続モニタリングし、記録やEO残留濃度の計測ができる。

■EOG滅菌監視装置の設置

1.EOG滅菌監視装置を設置して、各EOG滅菌器チャンバーと各ガス導管で接続をする。
2.例えば、各々のEOG滅菌器の優先順位を設定して、制御機器により、サンプリング切替器で各チャンバー内のEOガスをサンプリング採取ができ、各々のEOガス濃度が自動連続計測できる。
3.多数のEOG滅菌器のEOガス濃度が自動連続計測できる。
4.このように、簡単な操作で各EOG滅菌器のチャンバー内のEO濃度及び温度、湿度を連続モニタリングし、記録やEO残留濃度の計測のできるEOG滅菌監視装置です。また、安全でかつ効率の良い滅菌作業ができる。
5.EOG滅菌監視装置の効果
(A)厚生労働省の酸化エチレン(EO)滅菌条件の記録義務への対応ができる。
(B)米国向け医療器具などの輸出認可に関する米国FDA(食品安全局)検査への対応ができる。
(C)ISOの残留EO濃度の測定や酸化エチレン(EO)滅菌条件の記録義務へ対応ができる。
(D)滅菌受託事業者など依頼主への報告明細への対応などができる。
(E)上記(A)~(D)項目の対応が容易にできる。

■EOG滅菌監視装置の特徴

1.多数のEOG滅菌器のEOガス濃度をEOG滅菌監視装置(1台)で自動連続計測ができる。
2.簡単な操作で各EOG滅菌器の各チャンバー内のEO濃度及び温度、湿度を自動連続モニタリングし、記録やEO残留濃度の計測ができる。
3.EOG滅菌の客観的な実測監視と評価および残留EO濃度の迅速な計測と安全評価、並びにこれらの記録管理ができる。
4.安全で効率(ランニングコスト)の良い滅菌作業ができる。
5.このように、EOガス濃度の検出に特化したEOガス計測機器である。

■EOG滅菌監視装置の用途

1.病院、製薬会社、医療関係に使用する。
2.滅菌サービス業社(滅菌の請負会社)に使用する。
3.化粧品関係の会社に使用する。
4.食品会社に使用する。
5.化学関係の会社に使用する。
6.博物館、考古学、古文書などの業種に使用する。
7.輸入物資/輸出物資/貯蔵穀物などの業種に使用する。

■EOG滅菌監視装置の仕様

【1】EOG滅菌監視装置/EOGモニタリングシステム(EOM-3000)
1.測定対象: 酸化エチレン(EO)、相対湿度、温度 但し、相対湿度および温度はオプション設定
2.測定方式: EO光(NDiR)吸収ガス分析法・湿度/電気容量型(高分子薄膜)温度/白金測温抵抗体(Pt100Ω)
3.測定範囲: EO 0~22%/FS・湿度 20~100%RH・温度 0~100℃
4.再現性: EO ±2.0%/FS・湿度 ±3%RH(30~80%RH/25℃)・温度 0.5+0.003*(Tg―25)℃
5.ドリフト ゼロ ±3.0%/FS/3Hr・スパン±3.0%/FS/3Hr
6.応答時間 60秒以内: サンプル導入管長さ5mでの立ち上がり90%/FS表示に必要とする時間(サンプル流量は1000cc/min.とする)
7.試料採取方法: チャンバ内圧力による圧送および内蔵ポンプによる。
8.出力: 0~10Vdc/0~22%EO・0~10Vdc/0~100%RHまたは0~100℃
9.電源: φ1、AC100v、2A、50/60Hz
10.寸法: W430*H149*D370(19インチ標準ラックに搭載可能)/重量:約7kg
【2】 クーラユニット、制御機器、遠隔操作、間歇サンプリングユニット等々をオプション設定で準備。

【C】お気軽にご相談下さい。技術移転などご関心のある方、お問い合せ下さい。

【D】本件に関するお問い合わせ先

〒621-0847 京都府亀岡市南つつじヶ丘桜台2丁目2番8号
スペースワークス   担当 和田
wadakame@siren.ocn.ne.jp
TEL 0771-25-3430  Fax 0771-25-4932

【E】会社概要

商号  : スペースワークス
所在地 : 〒621-0847 京都府亀岡市南つつじヶ丘桜台2丁目2番8号
代表者 : 和田 耕一
設立  : 2002年1月10日
資本金 : 1,000万円
事業内容:〔新製品の開発、製造販売〕
電話番号: TEL 0771-25-3430  Fax 0771-25-4932
メールアドレス:wadakame@siren.ocn.ne.jp
URL:http://www.fhos.co.jp/spacew

 



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.