バイオセーフ・ディフェンシズ が10年にわたる研究を経て画期的な新消毒剤を発表

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2017年09月22日

米ニューメキシコ州アルバカーキ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 家庭/病院/産業用のまったく新しいクラスの光活性化消毒剤/抗菌剤/殺虫剤の創出で世界をリードするバイオセーフ・ディフェンシズ(旧バイオセーフ・テクノロジーズ)は、「共役高分子電解質およびその利用方法」と題された9件目となる重要な米国特許を取得したと最近発表しました。この米国特許第9,750,250号は、2017年9月5日に発行されました。カナダ特許第2,973,982号は2017年8月14日に承認されています。欧州・アジアの特許も後に続く予定です。

本特許はバイオセーフ・ディフェンシズに対し、光活性化共役高分子電解質(CPE)を使用して対象物を消毒し、結果としてカビ・ウイルス・真菌・酵母・抗生物質耐性菌を不活化・破壊する方法に関する権利を認めるものです。本特許はこうした機能を発揮できるよう、ワイプ製品、ティッシュ、包帯、医療機器、手術器具、または単なる織物で、バイオセーフの専有的なCPEによる処理により、漂白処理がすでに殺菌能力を失ってから長い期間がたっても、世界で最も致死性が高い病原体の一部に対する長期防護をもたらす抗菌基質を供給する独占権をバイオセーフ・ディフェンシズに与えます。

本技術が想定しているのは、殺菌作用のある衣類、手術器具などの金属、航空機用折り畳み式フードトレーテーブルなどのプラスチックに同技術によるコーティングを施した後、この物質に接触する細菌やウイルスを製品の光活性化技術によって殺す能力を与えることです。オムツ、スポンジ、調理台、調理表面も同じ利点を得られると考えられます。医療関連感染(HAI)は、医師、患者、そして致死性となる場合が多い多剤耐性菌を撃退すべく日夜戦っている清掃員にとって、依然として度合を増している懸念であるため、病院業界は特に恩恵を受けると考えられます。

バイオセーフの最高経営責任者(CEO)であるハリー・パッパス博士は、次のように述べています。「漂白剤や現在の消毒剤よりも優れたソリューションが求められていますが、バイオセーフ独自の化合物はそれを提供できます。これは当社にとって非常に重要な特許です。本特許に含まれる抗菌物質は、安全に使用できながらも、最もしつこい微生物に対しても防護を与えることができるという点で、当社ライブラリーでおそらく最も有望な化合物です。数件の研究によれば、これらの化合物は、今後予定されている当社のEPA試験で非常に優れた成績をもたらすことが示されています。」

バイオセーフ・ディフェンシズについて:当社は現在、ベッド柵からドアノブ、その他触れる機会が多く細菌が付いている表面に至るまで、接触するあらゆる物に対し、強力な消毒作用を与えるワイプ製品の開発を進めています。当社は、米国防脅威削減局(DTRA)より10年間の政府研究契約によって数百万ドルの資金提供を受けてニューメキシコ大学およびフロリダ大学が共同開発した技術を基盤に出発しています。当社は最近、「ステルス・モード」から抜けて姿を現し、保有する技術のさまざまなアプリケーションで産業界のグローバルパートナーを探しています。

ウェブサイト:www.biosafedefenses.com

businesswire.comのソースバージョン:http://www.businesswire.com/news/home/20170919005587/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Biosafe Defenses LLC
Harry Pappas Ph.D., CEO
1-508-259-7796 / 1-800-488-2001
hpappas@biosafedefenses.com

第6回年次世界患者安全・科学・技術サミットを英国ロンドンで開催へ

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2017年09月20日

PSMFはジェレミー・ハント下院議員の支援を得て年次サミットを開催

米カリフォルニア州アーバイン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 患者安全運動財団(PSMF)は、第6回年次世界患者安全・科学・技術サミットが2018年2月23~25日にロンドンで開催されると発表しました。英国保健省の保健大臣であるジェレミー・ハント下院議員(Rt. Hon.)は、今年2月のサミットで行ったスピーチの中で、第6回年次サミットをロンドンで開催するようPSMFに勧めました。サミットが米国外で開催されるのは今回が初めてです。


長年にわたり、PSMFは2020年までに予防可能な患者死亡をゼロにするために、活動範囲を国際的に拡大してきました。現在では世界各地に30以上の地域支部を持ち、世界麻酔学会連合(WFSA)、欧州麻酔学会(ESA)、世界敗血症同盟(GSA)、台湾病人安全推広同好会、Sistema Español de Notificación en Seguridad en Anestesia y Reanimación (SENSAR)、エドナ・エイデン大学病院、ACカマルゴがんセンターなどの世界的な組織と提携しています。米国外の病院約1000施設が、予防可能な患者死亡を根絶する誓約を行っています。PSMFの年次サミットには、世界中の病院、医療、技術、公共政策、患者擁護のコミュニティーからリーダーが集い、病院での予防可能な患者死亡の主因に対処するための解決策について議論します。

ジェレミー・ハント英国保健大臣は、次のように述べています。「ジョー・キアニ氏と患者安全運動財団が私たちの招待を受け入れ、来年この重要なサミットを開催する機会をロンドンに与えてくださったことをうれしく思います。先進国の国際的な取り組みは、世界のあらゆる地域にこの運動を拡大できることを意味します。私たちが力を合わせることで、世界で患者安全を大幅に前進させる知的透明性と学習の文化を成功裏に推進できます。」

患者安全運動財団創設者のジョー・キアニは、次のように述べています。「私たちは、来年ロンドンで年次世界サミットを開催するようハント大臣から勧められ、光栄に思います。予防可能な患者死亡ゼロを達成することは、データ、技術、政策、手続き、資源の国際的共有によってのみ解決できる世界的な関心事です。ハント大臣は、英国の国民保健サービスのために患者安全に関して具体的な活動を行っており、昨年はロンドンで初の患者安全グローバルアクションサミットを共同開催する上で不可欠の役割を果たされました。私たちがすべての患者を不必要な被害や死から守るために協力する中で、協力関係を深化・拡大していきたいと思います。」

患者安全運動財団について

米国の病院で毎年20万人以上、そして世界で300万人が予防可能な要因により死亡しています。患者安全運動財団は、2020年までにこれら予防可能な死亡を0まで(0X2020)減らすべく、マシモ医療倫理・革新・競争財団の支援により設立されました。患者安全を改善するには、患者、医療提供者、医療技術企業、政府、雇用主、民間保険組織を含むすべての関係者の協働努力が必要です。患者安全運動財団は、すべての関係者と協力して患者安全のための実施可能なソリューションをもって問題に取り組みます。当財団は、世界患者安全・科学・技術サミットも開催しています。サミットでは、世界最高の良心の一部を呼び集め、示唆に富む議論や現状打破に挑戦する新しいアイデアを交わします。患者安全運動財団は、患者安全の課題に対処するための具体的で影響力が大きいソリューションである「実施可能な患者安全ソリューション」を紹介し、自社製品の購入者にデータを共有するよう医療技術企業に促し、病院に「実施可能な患者安全ソリューション」を導入するよう呼び掛けることで、2020年までに予防可能な死亡の根絶に向けた活動を続けています。http://patientsafetymovement.org/をご覧ください。

@0X2020 #patientsafety #0X2020

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Patient Safety Movement Foundation
Irene Mulonni
(858) 859-7001
irene@prfordolphins.com



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.