スター・カンパニーズ、一帯一路関係諸国で働く中国企業従業員への保険提供で中国人保健康との協力を発表

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2017年12月26日

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- スター・カンパニーズは本日、一帯一路(BRI)関係諸国で働く中国企業の従業員に業界をリードする革新的保険を提供するための中国人民健康保険公司(中国人保健康)との協力を発表しました。


中国人民保険集団公司子会社の中国人保健康と中国の主要新聞社の人民日報は、北京で「一帯一路構想のための革新的保険ソリューション」フォーラムを中国商務部、外交部、衛生部、中国保険監督管理委員会、その他の中国政府当局や学術機関との共同で開催しました。このフォーラムにおいて、中国人保健康とスター・カンパニーズは、BRI諸国で働く中国企業従業員のための一連の革新的保険商品・サービスを公式に開始しました。お客さまのために包括的な保険カバーと質の高い支援サービスを提供します。

業界をリードするこの協力関係では、多数の中国企業顧客を持つ中国最大級の保険会社である中国人保健康が持つ国内での力に、伝説的な会長兼最高経営責任者(CEO)のMaurice R. Greenbergが率いるスター・カンパニーズの世界的な経験と専門能力が組み合わされます。

このトップクラスの商品は、中国人保健康、Starr Property & Casualty Insurance (China) Company Limited、スター・カンパニーズのアシストカード・インターナショナルの子会社によって共同で開発された特殊傷害・医療保険です。この商品では、医療保険や事故死亡・障害保険に加えて、疾病時移動・帰国、見舞い、食中毒、誘拐・身代金保護に関するメリットやサービスのほか、リスク管理アドバイスやアシストカード・インターナショナルのネットワークを通じたキャッシュレス医療費支払サービスといった独自のソリューションが提供されます。BRI諸国で働く人々を含む中国人顧客に世界的なサービスを提供するため、専用のコールセンターが設置されました。

両機関によるこの協力は、「健康なシルクロード」を築くことを目指し、BRI諸国で活動する中国企業の従業員に強力なサポートを提供します。詳細情報については、北京の中国人保健康か上海のスター・カンパニーズにご連絡ください。

スター・カンパニーズについて

スター・カンパニーズ(スター)は、スター・インターナショナル・カンパニーの保険事業および旅行時支援サービス会社と子会社ならびにC.V.スター・アンド・カンパニーおよびその子会社の投資事業の世界的なマーケティング上の名称です。スターは5つの大陸に拠点を置く大手保険・投資会社で、保険事業会社を通じて損害保険、災害保険、傷害・医療保険のほか、航空、海上、エネルギー、超過損害保険を含む様々な特殊保険を提供しています。スターの保険子会社は、米国、バミューダ、中国、香港、シンガポール、英国にあり、すべてAMベストから「A」(エクセレント)の格付けを得ています。スターのロイズのシンジケートは、スタンダード&プアーズから「A+」(強い)の格付けを得ています。

スター・カンパニーズが所有する優れた世界的旅行支援会社のアシストカード・インターナショナルは、幅広いネットワークを持ち、世界的に支援サービスを提供してきた40年以上の経験を持っています。アシストカードは、世界各地に9箇所の地域警告センターと5万社以上のサービス・プロバイダーを持ち、医療サービスのための直接支払を提供しています。

中国人民健康保険公司について

中国人民健康保険公司は、2005年3月31日に設立されました。当社は、国務院と中国保険監督管理委員会の承認を受けた初めての専門的医療保険会社です。中国人民保険集団の子会社として、当社は中国本土最大の医療保険会社となっており、25省に支店を持ち、市町村レベルの代理店を109箇所、県レベルの代理店を99箇所、代表事務所を97箇所に有しています。販売ネットワークは中国全域をほぼカバーし、1億人を超える顧客にサービスを提供しています。

詳細情報については、www.starrcompanies.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Starr Companies
Paula Negro, 212-884-0561
Director of Content, Communications and Media Relations
paula.negro@starrcompanies.com

ドニ・デルバールをLFBの最高経営責任者に任命

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2017年12月22日

仏レジュリス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 12月20日、ドニ・デルバールをLFBの最高経営責任者(CEO)に任命するフランス大統領令がLe Journal Officiel*に掲載されました。この命令は、2017年12月4日に開催されたLFB株主総会およびLFB取締役会を受けて公布されました。



またドニ・デルバールは、クリスチャン・ビションおよびドニ・スベランの退任に伴い、12月4日付けでLFBバイオメディカメンツの最高経営責任者(CEO)およびLFBバイオテクノロジーズの社長に任命されました。

ESSECビジネススクールおよびINSEADビジネススクールを卒業し、薬学博士号を取得しているドニ・デルバールは、製薬業界に関する深い理解を有しています。デルバールはフランス、欧州および世界各地でマーケティング、営業、戦略部門の要職を歴任しており、さまざまな製薬会社(バイエル、フルニエ製薬、ALK)で国際的な提携関係を統括してきました。デルバールは2006年にALKフランスのゼネラルマネジャーに任命されました。2012年には、アレルギー免疫療法を専門とするデンマークの製薬会社のシニアバイスプレジデントに就任しました。ドニ・デルバールはESSECビジネススクールで教鞭をとっており、ヘルスケア・シンクタンクのLecrip.orgの会長を務めています。

「LFBグループのCEOに任命され、戦略的な分野で事業を展開する当組織で仕事ができることを光栄に思います。LFBは、希少疾患を中心に何千人もの患者の命を救うために欠くことのできない治療薬を製造しています。私たちが抱える課題は明確であり、フランスおよび世界でLFBの成功を実現するために全力を尽くす所存です。」

* フランス共和国の官報

LFB グループについて
LFBはバイオ医薬品グループとして、止血・免疫・集中治療を含む幾つかの主要治療領域で、重篤で多くの場合に希少な疾患の治療を目的とした生物由来の医療製品を開発・製造・販売しています。LFBは血漿由来医薬品の製造企業としてフランスでトップ、世界で第7位に付け、バイオテクノロジーに基づく新世代の医療製品・治療法の開発についても欧州有数の地位にあります。たゆまぬ研究努力を通じて、LFBは国際的活動の拡大を追求する成長戦略を推し進めています。LFBは現在、世界の約60カ国で製品を販売し、2016年の売上高は世界で5億1890万ユーロに上ります。LFBグループは世界で2300人を超える従業員を擁しています。
www.groupe-lfb.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

LFB SA
Sandrine Charrières, Tel : +33-(0)1-6982-7280
Executive VP Corporate Communications
charrieres@lfb.fr



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.