ベルタンとザイモリサーチが新しい連携を発表

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2017年12月11日

ベルタンの「プレセリス・エボリューション」ホモジナイザーとザイモリサーチのZymoBIOMICS®微生物叢標準品:あらゆる微生物からわずか1分でDNAを分離

米カリフォルニア州アーバイン & メリーランド州ロックビル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ザイモリサーチ・コープとベルタンは、マイクロバイオームワークフローにおけるサンプル溶解処置を完全でバイアスのないものとする連携を発表します。ZymoBIOMICS®微生物叢標準品およびDNA精製用ZymoBIOMICS DNAミニプレップ・キットとの組み合わせでプレセリス・エボルーション(Precellys® Evolution)ホモジナイザーを使用した場合の材料、手順、得られた結果を説明したアプリケーションノートを提供します。研究者は両社の製品を使用することで、わずか1分でバイアスのない細胞溶解物が得られます。このアプリケーションノートは、下流での正確なマイクロバイオーム計量のための手順を検証しています。



ザイモリサーチのZymoBIOMICS®製品スイートは、サンプル採取、DNA抽出から、ライブラリー調製、シーケンシングからバイオインフォマティクス、最終解析まで、マイクロバイオミクスのワークフロー全体に対処するものです。ZymoBIOMICS®微生物叢標準品には、溶解が容易な3種類のグラム陰性菌、溶解が困難な5種類のグラム陽性菌、溶解が困難な2種類の酵母菌が含まれています。正確なキャラクタリゼーションが行われているこれらの微生物叢標準品により、マイクロバイオミクスないしメタゲノミクスのワークフロー、特に16S rRNAおよびショットガン法がベースのシーケンシング手法において、アーティファクトへの曝露、エラー、バイアスを識別できます。ザイモリサーチは、微生物標準品と併用することで、革新的なビーズ/バッファーシステムを用い、微生物の完全溶解用に調整した低バイオバーデンのDNA分離キットを提供します。

ベルタンは十年以上にわたり、サンプル調製/ホモジナイズ用機器の市場で活動してきました。ベルタンの「プレセリス」ホモジナイザー製品ラインは、耐摩耗性・効率性を備え、人間工学に基づく研究用ツールとして科学界に広く認められており、広範な文献で引用されています。当初はBSL(生物学的安全性レベル)3の研究所向けに設計したプレセリス・エボリューションは、0.5 ml~15 mlのさまざまなサイズのチューブを使用して、多数のサンプルを効率的にホモジナイズでき、チューブの各位置で均一なホモジナイズを保証します。

ビーズ破砕はさまざまな微生物の溶解法として受け入れられていますが、溶解の効率を正確に評価することはこれまでできませんでした。ザイモリサーチの営業開発担当バイスプレジデントであるMarc Van Edenは、「研究者や臨床医はベルタンのホモジナイザーとザイモリサーチの微生物叢標準品およびDNAミニプレップ・キットを組み合わせることで、迅速で完全なホモジナイズ作業を自由にできるようになりました」と述べています。

www.bertin-instruments.com
www.zymoresearch.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

BERTIN :
Gootenberg agency
Laurence Colin, Tel : +33 (0)1 43 59 00 46
laurence.colin@gootenberg.fr
or
ZYMO RESEARCH CORP.:
KIWI Communications, Inc.
Sheila T. Brann, Tel: +714.979.3464
sbrann@kiwi-comm.com

PMCグループ・インターナショナルがフランスの製薬企業の買収を発表

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2017年12月06日

米ニュージャージー州マウント・ローレル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- PMCグループの独立部門であるPMCグループ・インターナショナルの完全子会社PMCグループ・フランスは、フランスのアイソケムの製薬事業を買収したと発表しました。同事業は、研究、製品/工程開発、薬事承認の取得、世界各国の大手製薬企業向けの医薬中間体および医薬品有効成分(API)のパイロットスケールおよびフルプラントスケールの生産を含む完全一体型の事業で、オンコロジー、心血管疾患、感染性疾患、消化器疾患、神経疾患、希少疾患におけるニーズに対応しています。総床面積が40エーカーを超える施設は、パリから半径60マイル以内の3つのサイト、すなわちジュヌヴィリエ、ピティヴィエ、ヴェールルプティに位置しています。すべての施設は医薬品の製造に関して米国FDAの監査でcGMP準拠が認められており、以降はPMCアイソケムに名称を変え、後に230人以上の従業員を擁して、PMCグループ・フランスの完全子会社として事業を展開します。


PMCグループ・インターナショナルのエグゼクティブバイスプレジデントであるDr.ラジ・チャクラバーティは、次のように述べています。「今回の買収は、インドのハイデラバードに拠点を置く製薬企業YM Drugs and ChemicalsのPMCグループ・インターナショナルによる買収から2カ月を経ずしてのものとなりますが、これによりPMCグループ・インターナショナルの立場が固まり、広範な疾患カテゴリーを対象に、専有の医薬品、医薬中間体、顧客ニーズに合わせた医薬品研究/製造サービスをコスト効率に優れた形で提供することにより、世界各国のすべての規制医薬品市場に貢献できます。

PMCについて

PMCグループは成長志向の多角的な世界的化学/プラスチック企業として、プラスチック、消費財、電子機器、塗料、包装、パーソナルケア、食品、自動車、医薬品など、広範な末端市場における日常的需要を満たす革新的ソリューションに専心しています。当社の設立に当たっては、社会的利益を促進しながら革新を通じて成長するという持続可能なモデルに基づいています。PMCは米大陸、欧州、アジアに施設を持つ世界的な製造/革新/マーケティングプラットフォームを基盤に営業しています。PMCと世界における当社事業に関する詳細情報についてはwww.pmc-group.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

PMC Group International Inc.
Patti Griggs, 856-533-1870



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.