ファインデックス、キヤノンメディカルシステムズ株式会社との業務提携の基本合意に関するお知らせ

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2018年01月26日

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 株式会社ファインデックス(東証一部:3649  本社:東京  社長:相原輝夫、以下ファインデックス)は、本日開催の取締役会において、以下のとおり、キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社:栃木県大田原市、社長:瀧口登志夫)との間で、医療情報システム事業に関する業務提携を行うことについての基本的な合意文書を締結することを決議いたしましたので、お知らせいたします。


1.業務提携の理由
当社グループは、医療機関内の検査データや文書データ等を一元管理し、これを有効に利活用するためのシステムを幅広く提供するとともに、今後は、これらのシステムが管理する種々のデータやヘルスケアデータの、オープンな環境のもとでの収集・統合・解析・可視化をすすめ、遠隔医療や医療費削減、国民の健康管理、予防医療の推進、業務上の安全管理など、国策にも貢献し得る事業を展開してまいります。
医療業界にあってはその技術が日進月歩で進化するため、市場のあり方や市場に対する適切なアプローチも日々変化します。こうした状況に対して常に最適の製品・サービスを提供し続け、あるいは新たな技術により市場を創出していくために、医療システム業界においてプレゼンスを発揮している両社がベンダーニュートラルという考え方の下、その強みをもって互いに補完しあうことで、より大きなシナジーを得ることを目的に業務提携を行うものであります。

2.業務提携の内容
キヤノンメディカルシステムズが強みを持つコンピュータ断層撮影装置(CT)システム、X線診断システム、磁気共鳴画像装置(MRI)システム等のデータをはじめとする医療データを共有・統合する医療情報統合管理システムと、当社製品を組み合わせることで医療機関での診療効率やデータ管理の劇的な向上を実現します。また、研究開発面での提携および全国各地に優秀な人材を擁するキヤノンメディカルシステムズの販売網を活用した新たな製品を含む両社製品の販売促進を進めていくためのものです。詳細につきましては、今後両社で協議の上決定してまいります。

 

3.業務提携の相手先の概要

(1)   名称   キヤノンメディカルシステムズ株式会社
(2)   所在地 栃木県大田原市下石上1385番地
(3)   代表者の役職・氏名 代表取締役社長 瀧口 登志夫
(4)   事業内容 医療用機器(X線診断システム、CTシステム、MRIシステム、超音波診断システム、放射線治療装置、核医学診断システム、検体検査システム、ヘルスケアITソリューション など)の開発、製造、販売、技術サービス
(5)   資本金 207億50円
(6)   設立年月日 1948年9月23日(創業 1930年10月10日)
(7)   大株主及び持株比率 キヤノン株式会社 99%、Canon U.S.A.Inc 1%
(8)  

上場会社と当該会社との間の関係

資本関係

  該当事項はありません。

人的関係

該当事項はありません。
取引関係 当社は当該会社より医療情報システムの導入を受注しております。
  関連当事者への該当状況 該当事項はありません。
(9)   当該会社の最近3年間の経営成績及び財政状態

 

決算期

平成27年3期 平成28年3期   平成29年3期
純資産 70,432百万円 63,471百万円
総資産 196,170百万円 249,789百万円
1株当たり連結純資産 521.80円
売上高 279,967百万円 291,310百万円
営業利益 17,700百万円 8,223百万円
経常利益 22,190百万円 21,610百万円
当期純利益 15,849百万円 16,378百万円
1株当たり当期純利益 117.42円
    1株当たり配当金   51.10円    
(注)平成29年3月期は、未上場であり非公開であるため記載を省略しております。
 

4.日 程

(1)取締役会決議日   平成30年1月26日
(2)基本合意の締結日   平成30年1月26日
 

5.今後の見通し
当社の平成 30 年12月期の連結業績に与える影響は現在精査中であります。今後開示すべき事項が発生した場合には、速やかにお知らせいたします。

以 上

 

(参考)当期業績予想(平成30年1月24日公表分)及び前期実績

(百万円)

    売上高   営業利益   経常利益   当期純利益

当期業績予想
(平成29年12月期)

3,280 590 590 410

前期実績
(平成28年12月期)

  3,288   724   724   499
 

株式会社ファインデックスについて
ファインデックスは、医療システムのスペシャリストとして常に革新的なソリューションを創り出し、診療の効率化やデータ活用による研究や病院経営を支援してきました。ファインデックスの医療ソリューションは、全国の大学病院から診療所まで幅広い医療機関で利用されており、国立大学病院の80%以上、大規模病院の50%以上という高いシェアを獲得しています。医療以外の分野においても文書管理を中心とした業務効率化ソリューションを展開しており、AIを利用したデータ活用ビジネスにも取り組んでいます。


Contacts

株式会社ファインデックス
管理部 藤田篤、事業戦略室 横田千明
089-947-3388
chiaki.yokota@findex.co.jp

オクタファルマ:重度血友病Aの未治療患者がoctanate®を使用するとインヒビター発現率が低減

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2018年01月23日

スイス・ラーヘン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オクタファルマは、未治療患者での適正臨床試験基準(GCP)準拠試験の最終データが、国際的に著名な医学誌「ヘモフィリア」に掲載されたと発表しました。試験では未治療の重度血友病A患者でoctanate®の免疫原性、有効性、安全性、忍容性を評価しました。


血友病Aの未治療患者はインヒビター発現のリスクが大きくなっています。これらの患者の約35%でインヒビターが発現しますが、インヒビターは健康面と経済面で有害な影響を伴います。

今回の前向き多施設試験では重度血友病Aの未治療患者51人が、曝露日数(ED)計100日または5年間にわたり、予防療法または出血時のオンデマンド療法として、補充療法としてのoctanate®単剤の投与を受けました。

患者51人のうち5人(9.8%)でインヒビターが発現し、うち4人(7.8%)が高力価(5 BU/mL以上)、1人が低力価(5 BU/mL未満)でした。インヒビターはすべてオンデマンド療法中に発現し、高力価の4件のインヒビターはすべて曝露日数が最初の20日以内に発現しています。インヒビターが発現した患者は全員、インヒビター発現の高リスクと関連したF8遺伝子の重大変異(イントロン22の逆位またはエクソン7~12の大欠失)を持っていました。止血効果は全注入例の99.6%で「優秀」と判定されました。忍容性は注入例の99.98%で「非常に良好」と判定されました。23例の外科手術で合併症は1件も報告されていません。

早期の効率的な予防は、血友病A患者の長期管理を成功させる上で鍵となります。これらの新しいデータはoctanate®が有効で、外科手術を受ける患者を含め、未治療患者における低いインヒビター発現率が伴うことを示しています。

オクタファルマの血液疾患国際事業部門長であるLarisa Belyanskayaは、次のように述べています。「私たちは、この特に困難を抱える患者集団で、octanate®によって達成した低いインヒビター発現率と優秀な効果・忍容性に大変感激しています。これらのデータは、血友病Aの未治療患者におけるoctanate®の臨床的有用性を確認し、過去20年間にわたり既に得られているoctanate®の広範な臨床経験をさらに増強するものです。」

オクタファルマの取締役であるオラフ・ウォルターは、次のように付け加えています。「今回の論文掲載は、血液凝固疾患を抱える患者が通常の生活を送れるようにするというオクタファルマの目標に向けて、また重要な前進となります。」

オクタファルマは本研究にかかわったすべての方々、とりわけ患者とその家族がいなければ本研究は実現できませんでしたので、感謝したいと思います。

Reference

Klukowska A, Komrska V, Vdovin V, et al. Low incidence of factor VIII inhibitors in previously untreated patients with severe haemophilia A treated with octanate®: Final report from a prospective study. Haemophilia 2018; https://doi.org/10.1111/hae.13385

octanate®について

octanate®は凍結乾燥のヒト血漿由来2種ウィルス不活性化第VIII因子高純度濃縮製剤で、静脈内投与向けです。octanate®中に存在する凝固第VIII因子は、その天然の安定剤であるフォン・ヴィルブランド因子(VWF)と、約0.4というVWF/第VIII因子比で結合しています。従ってoctanate®の製造過程において安定剤の追加は必要とされません。octanate®は250 IU、500 IU、1000 IUの各製剤を提供可能です。octanate®は1998年から市販され、外科手術を含め、あらゆる種類の血友病A患者の治療と出血予防を適応に85カ国以上で承認され、また免疫寛容導入を適応に40カ国で承認されています。octanate®を使用しての臨床経験には相当なものがあり、2017年4月時点での世界における注入量は約100億国際単位(IU)に上ります。

血友病Aについて

血友病Aは第VIII因子(FVIII)の欠乏を原因とするX連鎖遺伝性疾患で、治療せずに放置すれば筋肉・関節の出血やひいては関節症と高率での死亡をもたらします。FVIIIの予防的補充療法は、出血エピソードの回数と永続的な関節損傷のリスクを低減します。この疾患には世界の男性の5000人から1万人に1人が患っています。世界的に血友病症例の75%が診断ないし治療を受けずに放置されています。注入されたFVIIIに対するFVIII中和抗体(FVIIIインヒビター)の発現が、最も重篤な治療合併症です。FVIIIインヒビター発生の累積リスクは現在、最大39%に達すると報告されています。

オクタファルマについて

スイス・ラッヘンに本社を置くオクタファルマはヒトタンパク質の世界最大級のメーカーで、ヒト血漿およびヒト細胞株に由来するヒトタンパク質の開発と製造を行っています。同族経営企業のオクタファルマは、投資により人々の生活を改善できると考えており、1983年からそれを実践してきました。それが当社の引き継ぐ伝統だからです。

オクタファルマ・グループの2016年の売上高は16億ユーロ、営業利益は3億8300万ユーロに達し、2億4900万ユーロの成長投資が実施されました。オクタファルマは世界で約7100人以上の従業員を擁し、下記の3治療領域における製品を通じて113カ国の患者の皆様の治療を支えています。

  • 血液疾患(凝固障害)
  • 免疫療法(免疫障害)
  • 集中治療

オクタファルマは、最先端の製造施設6件をオーストリア、フランス、ドイツ、メキシコ、スウェーデンに有しています。

詳細情報については、www.octapharma.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Octapharma AG
International Business Unit - Haematology
Olaf Walter
Olaf.Walter@octapharma.com
or
Larisa Belyanskaya
Larisa.Belyanskaya@octapharma.com
Tel: +41 55 4512121



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.