世界中で10億人近くが睡眠時無呼吸症を患っていると世界の睡眠専門家らが推定

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2018年05月24日

研究者らは16カ国における罹患率の調査結果を、世界保健機関および国連人口予測のデータと合わせて分析

サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- レスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)が今週のATS 2018国際大会で発表した新しいデータ解析の結果は、睡眠時無呼吸症の患者が世界で9億3600万人以上に達していることを示していますが、この人数は過去の推定値より10倍近く大きいものです。


「閉塞性睡眠時無呼吸症(OSA)の世界的罹患率」(Global Prevalence of Obstructive Sleep Apnea (OSA))と題された研究は、この慢性の睡眠関連呼吸障害が及ぼす影響の範囲を明らかにすべく、一流の研究者から成る国際的なパネルが実施しました。OSA罹患率の以前の推定値(1億人)は、2007年に世界保健機関が当時活用できた手法とデータを使用して行った研究に基づくものです。今回の最新研究は、OSA発見技術の改善と、世界の他の地域からの過少報告された統計値の分析により、OSAの罹患者が以前確認された数よりもはるかに多いことを示しました。

レスメドのメディカルアフェアーズ担当バイスプレジデントで本研究主任のアダム・ベンジャフィールドは、次のように述べています。「今回の研究とその知見は、睡眠時無呼吸症の研究における新事実を明らかにするもので、公衆衛生の重要な問題が非常に過少報告されていたことを示しています。この新研究は、OSAの診断と治療についての意識向上が世界的に必要であることを示しています。」

睡眠時無呼吸症は、人々が睡眠中に呼吸を止める原因となる慢性疾患です。身体は窒息を防ぐため、呼吸をするように脳から刺激を受けますが、一般的に本人はまったく気づきません。このサイクルは一晩に何百回も繰り返される場合があり、正常な睡眠パターンを乱します。OSAに伴って生命を脅かす疾患には、日中の慢性的な疲労から心疾患、脳卒中、2型糖尿病、うつ病などがあります。これまでの研究では、未診断の睡眠時無呼吸症が、関連する生産性損失、交通事故、職場での事故の結果、米国単独で1500億ドル近い損失をもたらしていることが示されていますが、総罹患率が高ければこの経済影響はさらに大きくなります。

レスメドの最高医学責任者(CMO)であるCarlos M. Nunez(M.D.)は、次のように述べています。「本研究により、睡眠がいかに健康全般に影響を与えるかについて、医師は患者に説明しようと思うはずです。またより多くの人々が、『自分またはベッドパートナーはこの病気にかかっていないだろうか』と自問を促されるはずです。睡眠時無呼吸症を患っている人はそのことを認識していない場合が多いので、睡眠時無呼吸症がもたらしている慢性的な疲労や、さらに有害な長期の健康リスクを軽減するために打てる対策があることを認識していません。そして睡眠時無呼吸症は、これまで考えられていたように単なる高齢者、肥満男性の病気ではありません。あらゆる年齢、民族や人種、健康状態の人々が患い、一方の性に限られたものではありません。実際、睡眠時無呼吸症と新規に診断された患者の半数近くは女性です。」

本研究について

2007年に世界保健機関(WHO)は1億人以上がOSAを患っていると推定しましたが、この数字は確固たるデータに基づいていないことを認めています。

「成人における閉塞性睡眠時無呼吸症の世界的罹患率:現在利用可能なデータを使用した推定」(Global Prevalence of Obstructive Sleep Apnea in Adults: Estimation Using Currently Available Data)と題された今回の新研究の目的は、成人における世界的なOSA罹患率を推定することです。研究者らは、客観的な睡眠検査に基づく罹患率の論文が発表されている16カ国を特定し、それらの研究結果を、罹患率がこれまで過小定量されていた地域に当てはめました。データを再検討した後、世界の年齢30~69歳の成人人口を使用し、外挿法により推定を行いました。罹患率の統計値を各国の人口に対し、性別と肥満度指数(OSAの主要なリスク因子)に基づいて当てはめました。OSA罹患率は、無呼吸低呼吸指数により測定した疾患重症度に基づき推定しました。

レスメドが招集した専門家には北米、南米、欧州、アジア太平洋の代表が含まれます。

レスメドについて

世界有数のコネクテッドヘルス企業であるレスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)は、500万台以上のクラウド接続デバイスを日常的な遠隔患者モニタリングに供しており、一息ごとによりよい毎日を過ごせるようにしています。当社の受賞歴のあるデバイスとソフトウエアソリューションは、睡眠時無呼吸症、慢性閉塞性肺疾患、その他の呼吸器疾患の治療と管理に役立ちます。社員6000人の当社チームは、患者の生活の質を高め、慢性疾患の影響を低減し、医療費を節約すべく、懸命の努力を120カ国以上で行っています。ResMed.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

ResMed
For media:
Jayme Rubenstein, +1 858.836.6798
news@resmed.com
or
For investors:
David Pendarvis, +1 858.836.5000
investorrelations@resmed.com

レスメド後援の研究で在宅酸素療法と在宅非侵襲的換気療法の併用が費用対効果の高いCOPD治療法であると判明

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2018年05月21日

ATS 2018国際大会で発表された研究は、在宅酸素療法と在宅非侵襲的換気療法の併用がCOPD患者にとって費用対効果が高く、死亡率と再入院のリスクを低減させることを実証

サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- レスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)は本日、英国と米国のために実施された2件の臨床解析の結果を発表しました。この結果は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の生命を脅かす悪化の後で、持続性高炭酸ガス血症を患った患者を対象に、在宅酸素療法と在宅非侵襲的換気(NIV)療法の併用の費用対効果を実証しています。


レスメドが後援する「在宅酸素療法・在宅人工呼吸療法(HOT-HMV)」医療経済研究の結果は、ATS 2018国際大会で本日発表されました。先に発表されたデータは、酸素療法だけの場合と比較して、HOT-HMV療法(すなわち在宅酸素療法と在宅NIV療法の併用)が臨床的にも費用的にも効果的であることを実証していますが、今回の結果はこのデータを発展させたものです。

英国の研究では、HOT-HMV療法によって増悪頻度と28日以内の再入院率が低減したことが判明しています。米国の分析では、在宅酸素療法だけと比較して、HOT-HMV療法を受けた患者では30日以内の再入院率が58.3パーセント低減したこと、またHOT-HMV療法によって生活の質を改善しながら患者の費用を実際に節減できることが判明しています。

レスメドの最高医学責任者(CMO)を務めるCarlos M. Nunez(M.D.)は、次のように述べています。「1つの医療手当や療法によって患者の治療成績や生活の質が改善することは普通ですが、HOT-HMV療法のように、このように好都合の経済効果を伴って大きな臨床効果が得られることはまれです。今回の知見は、COPDを抱え、HOT-HMV療法の恩恵を受けることのできる人々にとって非常にいい知らせです。費用節減の潜在力により、この療法選択肢のさらなる広範な使用を促進する要因が増えることになります。」

解析について

英国で慢性閉塞性肺疾患(COPD)の急性増悪後に慢性高炭酸ガス性呼吸不全を発症したCOPDを治療するための「在宅酸素療法・在宅人工呼吸療法(HOT-HMV)」の費用対効果:この経済解析は非盲検ランダム化並行群間比較試験における治療企図解析からの患者レベルの医療資源利用(MRU)に基づくものです。組み入れ患者は、呼吸性アシドーシスの消散後2–4週間して持続性高炭酸ガス血症を患い、緊急の在宅人工呼吸療法(非侵襲的換気(NIV)療法としても知られる)を必要とするCOPDの増悪によって入院した患者としました。対照群の患者は、主要評価項目(再入院)が達成された場合や、事前設定の安全基準が守られなかった場合(例えば、持続性アシドーシスや、NIVからの離脱不能)には、在宅酸素療法にNIVを加えることが許されました。MRU解析には、患者レベルの装置(酸素濃縮器やNIV装置、保守とサポートを含む)、患者報告による投薬成績、通院、増悪による再入院を含めました。試験データは、英国国民保健サービスの観点での経済モデルを開発するために使用しました。費用の計算は、観察されたMRUに標準ユニットの費用(2017£)を掛けて、患者レベルで合計しました。質調整生存年(QALY)は、英国係数と本試験のEuroQOL-5Dデータから計算した患者健康効用値を基に評価しました。一元感度分析と1000回繰り返しのブートストラップ解析を実施しました。

米国での解析は英国での研究を基にして行いました。試験データは米国の保険者の観点での経済モデルを開発するために使用しました。費用の計算は、観察されたMRUに標準ユニットの費用(2017$)を掛けて、患者レベルで合計しました。QALYは、米国係数と本試験のEuroQOL-5Dデータから計算した患者健康効用値を基に評価しました。一元感度分析と1000回繰り返しのブートストラップ解析を実施しました。基本ケース増分費用/QALYはマイナス5万856ドルでした。

レスメドについて

世界有数のコネクテッドヘルス企業であるレスメド(NYSE: RMD、ASX: RMD)は、500万台以上のクラウド接続デバイスを日常的な遠隔患者モニタリングに供しており、一息ごとによりよい毎日を過ごせるようにしています。当社の受賞歴のあるデバイスとソフトウエアソリューションは、睡眠時無呼吸症、慢性閉塞性肺疾患、その他の呼吸器疾患の治療と管理に役立ちます。社員6000人の当社チームは、患者の生活の質を高め、慢性疾患の影響を低減し、医療費を節約すべく、懸命の努力を120カ国以上で行っています。ResMed.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

ResMed
For media:
Jayme Rubenstein, +1 858.836.6798
news@resmed.com
or
For investors:
David Pendarvis, +1 858.836.5000
investorrelations@resmed.com



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.