国立がん研究センターと協和発酵キリン 包括的研究提携契約を締結

カテゴリ:医療NEWS, 癌治療 タグ: , ,  投稿日:2017年02月13日

国立研究開発法人国立がん研究センター(略称:国がん)と協和発酵キリン株式会社(略称:協和発酵キリン)は、双方が有する研究能力を活かし、優れた抗がん剤創出及びバイオマーカー探索を目指した共同研究を推進するため、包括的研究提携契約を締結した。

協和発酵キリンは画期的な新薬を継続的に創出し、開発・販売をグローバルに展開することにより、世界の人々の健康と豊かさに貢献している企業である。当社では、人間に備わる免疫という生体防御システムを治療に活かすことを目的とした抗体医薬品の開発に力を入れている。

本契約では、国がんの有する高度ながん研究技術および豊富な臨床経験と、協和発酵キリンの有する高い研究能力および抗体医薬を核とした最先端のバイオテクノロジーを融合することによって、画期的な新薬を継続的に創出し、世界の人々の健康と豊かさに貢献することを目的としている。

包括的な提携関係を構築することによって、今後の個別研究を迅速に進めることが可能となるであろう。国がんと協和発酵キリンは、両者協議のもと、(1)創薬標的探索研究、(2)初期創薬研究、及び(3)バイオマーカー探索及びトランスレーショナル研究を共同で進める予定である。まず、創薬標的探索研究ではがんの治療につながる作用機序を持つ創薬標的の探索、同定、評価を行う。次に、初期創薬研究では創薬標的の評価及びスクリーニングにより創薬候補となる活性物質(低分子化合物および抗体等)の取得をする。そして、バイオマーカー探索およびトランスレーショナル研究においては、国がんが有する豊富な生体試料及び診断情報などを活用し、協和発酵キリンのがん治療薬または診断薬の開発推進を目指すという。

本包括的研究提携が締結されることにより、両者の更なる緊密な関係が構築され、先行しているがん免疫療 法薬に関する共同研究をはじめとする各種の共同研究を一層推進し、画期的な新薬創出に繋がることが期待されている。
(Medister 2017年2月13日 中立元樹)

<参考資料>
国立がん研究センター 国立がん研究センターと協和発酵キリン 包括的研究提携契約を締結
協和発酵キリン株式会社 ホームページ



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.