バイタリティライフがミュンヘン再保険の保険引受ソフトウエアのALLFINANZにより革新的な健康管理サービスと一段と正確な保険引受を実現

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2017年10月11日

シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 英国の大手生命保険会社のバイタリティライフは、自動化と価格設定で新天地を切り開いています。顧客獲得、引受、処理を向上させるためのミュンヘン再保険のALLFINANZデジタル保険引受ソフトウエアの最新版により、保険商品の品ぞろえと経済性の強化が実現しました。


業界リーダーとして認知されているバイタリティライフが提供する新たな保険商品では、健康状態の継続的モニタリングを行うことで顧客に保険料の引き下げを提案できるようになりました。バイタリティライフの「ウェルネス・オプティマイザー」と「バイタリティ・ナース」は、革新的でダイナミックな保険料設定により会員の関心を促し、健康管理を奨励します。

バイタリティライフは2007年に初めてALLFINANZソフトウエアを導入しましたが、現行のALLFINANZスイートでのみ可能な継続的な自動化が必要となっていました。他の引き受け自動化ソフトウエアも検討されましたが、条件を満たすことができませんでした。

バイタリティライフの引受哲学・自動化マネジャーのアンドリュー・スミスは、次のように述べています。「私たちは、技術革新を進め、最高レベルの事業を行うことを目指しています。」

「ALLFINANZ製品スイートの柔軟性により、健康に関する質問の構成、提示、回答評価を改善することができます。次に、真の多段階引受を行うためにバイタリティ・ナース検査の評価が自動化され、血液検査も間もなく含まれるようになります。」

「このように外部データとの統合が可能なため、将来、当社が引受過程で新たな情報源を使用することを決めた場合でも、使用を継続することができます。当社の提携先は、常に進化してソリューションを強化している組織でなければなりません。当社は常に事業を次の段階に引き上げる方法を模索しているからです。」

大半の保険申し込みに対して、1時間以内に最終的な引受判断が下されます。最終目標は、多段階で、看護師が関与した決定を1日で下すことです。

ミューニックリーオートメーションソリューションズのアジア太平洋地域エグゼクティブバイスプレジデントのアルビー・バン・ウィクは、次のように述べています。「バイタリティは、10年以上にわたって生命保険業界の先駆者として活躍しており、今では世界的なトレンドとなっています。当初からバイタリティと提携してきたことで当社は最善を目指すことができ、両社はこれまでたどってきた過程を通じて技術およびユーザー・エクスペリエンスの基準となってきました。私たちは、それまで想像もできなかったことを実現し、具体化してきました。」

バイタリティライフは、人々が健康な生活を送っていることに対して報いる初の保険会社です。バイタリティライフは、440万人を超える顧客を有する国際的な大手保険会社のディスカバリー・ホールディングスが保有しています。バイタリティライフの詳細情報については、https://www.vitality.co.uk/life-insurance/をご覧ください。

ミュンヘン再保険の子会社であるミューニックリーオートメーションソリューションズは、生命保険業界向けにデジタルの新保険契約および引受ソリューションを提供する世界有数のソフトウエア・プロバイダーです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Munich Re Automation Solutions Ltd.
David Bordas
dbordas@munichre.com
www.munichre.com/automation-solutions



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.