市民の皆さま、たばこの煙のない世界のための財団による10億ドル規模の研究課題の策定にご参加を

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2017年11月30日

財団は研究課題の優先付けのための意見と、早期スコーピング研究用助成金の関心表明書を募集

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- たばこの煙のない世界のための財団は、当財団の長期的な研究活動についての情報を知らせ、また活動に指針を与える目的で2件のオンラインプロセスを立ち上げます。1件目は、研究課題の優先付けに関する意見を求めるパブリックコメント募集期間の設定です。2件目は早期スコーピング研究用助成金の関心表明書の募集で、それらの関心表明書は喫煙の廃止を加速できる可能性が最も大きい研究領域を評価するのに役立ちます。研究者、政策立案者、喫煙者、関連する経験または専門能力を持つその他の方々の意見を歓迎します。


たばこの煙のない世界のための財団の会長であるデレク・ヤック博士は、次のように述べています。「喫煙が原因の死亡や病気を減らすことに関心があるすべての方々へ訴えたいと思いますが、当財団が研究活動を集中させるべき領域に関し、詳細な意見や創造的な提案を寄せてください。当財団は特に、従来のタバコ規制コミュニティーの枠を超え、喫煙のない世界に向け、劇的で迅速な進歩をもたらすべく、新規のアイデアや新鮮な考え方、革新的な連携を求めています。」

スコーピング研究の助成金

当財団の指導部は財団創設以来、カンファレンス、1対1の会談、当財団主催の研究シンポジウムを含め、さまざまなフォーラムで世界中の公衆衛生専門家の意見を聞いたり、交流したりしてきました。これらの話し合いや経験を通じて明らかになったこととして、研究努力の対象となる分野の幾つかの候補は、当財団が2018年に研究提案を大々的に求める前に、詳細なスコーピングと掘り下げを行う必要があります。

当財団は、2018年に一連の積極的な研究プログラムを立ち上げるための準備として、早期スコーピング研究用助成金の関心表明書を受け付け中で、禁煙、被害低減、タバコ生産者のための代替生計手段と関連する潜在的な研究テーマに関して、さらなる情報を集めています。これらの助成金の詳細は財団のウェブサイト(www.smokefreeworld.org)に記載されています。関心表明書の提出期限は12月11日(月)です。関心表明書が申請プロセスの第一段階となり、1月に早期スコーピング研究用助成金の授与という運びとなります。

パブリックインプットを募集

当財団は並行して、研究の最優先事項を決めるのに役立つ4つの質問に対するパブリックインプットを募集しています。これらの質問は、ニーズが満たされておらず、禁煙、被害低減、タバコ生産者のための代替生計手段に大きな影響を与える可能性がある領域を見極める狙いがあります。一般市民は、12月18日までに財団のウェブサイトを通じて質問に回答できます。これらの質問の情報を基に、2018年初頭に公開審査のためにオンライン掲載する当財団の研究課題の草案を作成します。

たばこの煙のない世界のための財団について

たばこの煙のない世界のための財団は独立の非営利団体として、喫煙による死亡者と被害を低減し、最終的に世界からの喫煙の撲滅を目指す世界的取り組みの推進に専心しています。また当財団は禁煙の急速な広がりにより、加重な負担を強いられる人々の支援も行い、当初は発展途上国のタバコ農家の支援に重点を置いた活動を行います。当財団の詳細については、www.smokefreeworld.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

for The Foundation for a Smoke-Free World
Ola Beilock, +1-925-360-8844
ola.beilock@ogilvy.com



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.