TMF専門企業のフレックスグローバルがカレン・ロイの最高戦略責任者への任命を発表

カテゴリ:ビジネスワイヤ  投稿日:2018年02月20日

英アマーシャム & 米ペンシルバニア州マルバーン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 治験マスターファイル(TMF)技術/サービスを世界のライフサイエンス業界に提供するパイオニア企業のフレックスグローバルは、カレン・ロイを最高戦略責任者(CSO)に任命したことを発表します。


TMF分野のソートリーダーとして高く尊敬されているカレン・ロイが2007年に最高事業開発責任者としてフレックスグローバルに入社し、2015年からフレックスグローバルの世界的なクライアントソリューションチームを牽引してきました。ロイの臨床/EDC分野での経歴は、フレックスグローバルの電子治験マスターファイル(eTMF)イニシアチブを確立し、クライアントeTMFシステムとフレックスグローバルのeTMFソリューションPhlexEviewの普及・発展・導入支援を行う上で、有益でした。

ロイは最高戦略責任者として、当社にとっての戦略的優先事項に取り組んでいきます。ロイは4つの重要領域、すなわち重要クライアント、CRO、TMF専門知識、PhlexEviewに重点を置き、フレックスグローバルの継続的で力強い成長を支えます。下記が取り組みの内容となります。

  • PhlexEviewの伝道者・説明者・サポーターとして、フレックスグローバルの製品戦略・理念・拡大についての広報を行う。
  • フレックスグローバルのソリューションに基づいて査察準備対応の規制動向について対話を促進する。
  • CROによるPhlexEview採用の世界レベルのモデルを確立し、PhlexEviewを使用してクライアントのために業務を行っているCROと続いている関係を支える。
  • 重要クライアントとのエグゼクティブリエゾンとしての役割を継続する。

ロイは今後もTMFレファレンスモデルのイニシアチブの共同委員長と運営委員会の委員長を務め、TMFのコンテンツ・名称・構造・メタデータの標準化に世界規模で取り組みます。

フレックスグローバルはマリオン・メイズのクライアントソリューション&品質保証担当バイスプレジデントへの昇格も発表しました。メイズのチームは主題専門知識を駆使したリソースおよびコンサルタントサービスの範囲をさらに拡大しました。クライアントソリューション&品質保証部門は、企業が自社の業務慣行とTMFプロセスを改善してすべてのTMF文書データの運用・管理における高品質と卓越性を達成することに貢献すべく発足しました。

フレックスグローバルのリック・リーゲル最高経営責任者(CEO)、次のようにコメントしています。「ロイは長らく当社の成功の中心に位置しており、クライアントソリューションで発揮してきたリーダーシップに私たちは感謝します。ロイは新たな役職においてそのずば抜けた戦略的洞察力と経験によって当社事業を次なるレベルに推し進めることに貢献するはずであり、今回の昇進によって当社は今後もクライアントのために傑出した成果を確実に上げ続けることができます。」

フレックスグローバルについて

フレックスグローバルは、業界有数のeTMF技術ソリューションとTMF & eTMF技術で実現される専門的サービスを提供する専門企業です。当社は臨床試験に関する知見や文書管理能力、規制の理解、技術的専門性を独自に併せ提供し、ビジネスニーズに応えるよう、柔軟で的を絞ったソリューションを幅広く提供しています。

詳細については、http://www.phlexglobal.comをご覧ください。

-以上-


Contacts

Phlexglobal Ltd
Rebecca Fuller, Marketing Executive
Tel: +44(0)1494 720420



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.