10年間での“胃がんのなりやすさ”を公表 国立がんセンター

カテゴリ:医療NEWS, 癌治療 タグ: , ,  投稿日:2015年09月11日

body_i2015年9月2日、国立がん研究センターは、これまでに行ってきた多目的コホート研究(JPHC Study)から、“今後10年間で胃がんに罹患する確率”を導き出したと公表した。胃がん検診における“ABC分類”から、性別・年齢その他のリスク因子(喫煙歴、胃がんの家族歴、高塩分食品の摂取状況)から、胃がんの罹患確率が予測できるという。この研究結果は、「Int J Cancer」によりWeb公開されている。

この研究では、研究スタート時である平成5年に血液を提供した被験者約1万9000人について、平成21年まで追跡。”10年間で胃がんに罹患する確率を予測するモデル”を作成した。さらに、“ABC分類”とその他のリスク因子との関連性の検討を行った。その結果、例えば40歳男性、ABC分類=A群、他のリスク因子は全て無しの場合、10年間で胃がんに罹患する確率は0.04%だった。しかし同じ男性でも、70歳、ABC分類=D群、他のリスク因子を全て有した場合、10年間で胃がんに罹患する確率は14.87%だった。
一方、女性の場合は同じ条件でも“罹患のしやすさ”に違いがみられた。例えば、40歳女性、ABC分類=A群、他のリスク因子全て無しの場合、10年間で胃がんに罹患する確率は0.03%だったが、70歳女性、ABC分類=D群、他のリスク因子を全て有した場合、10年間で胃がんに罹患する確率は4.91%だった。
同じ条件で比較しているにも関わらず、単純に計算すれば、男女間でおよそ2倍以上の開きがあることになる。

今回の研究結果からは、ABC分類の結果によって

●BCD群ではA群に比べて胃がんのリスクが高いこと
●B群からD群まではその他のリスクの有無により胃がんリスクに幅がみられた
●A群では、その他のリスクの有無に関わらず、一貫して胃がんリスクが低くなること

が分かった。
国立がんセンターでは「特にBCD群の場合は、生活習慣の見直しや、必要な検診を受けるなどの予防行動が必要である」としている。
(Medister 2015年9月11日 葛西みゆき)

<参考資料>
国立がん研究センターがん予防・検診研究センター
多目的コホート研究(JPHC Study)10年間で胃がんに罹患する確率について―生活習慣リスク因子とABC分類を用いた予測モデルの作成

同上
10年間で胃がんに罹患する確率について―生活習慣リスク因子とABC分類を用いた個人の胃がん罹患の予測モデル―

PubMed
Prediction of the 10-year probability of gastric cancer occurrence in the Japanese population: the JPHC study cohort II.

国立がん研究センター 院内がん登録2013年集計報告

胃がんリスク検診(ABC検診)マニュアル
胃がんリスク検診(ABC検診)マニュアル

がんの遺伝的傾向を唾液で検査 DeNAの新・遺伝子検査サービス

カテゴリ:医療NEWS, 癌治療 タグ: , ,  投稿日:2015年08月31日

GUM06_CG010162015年8月27日、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区)の子会社で、ヘルスケア事業を展開する株式会社DeNAライフサイエンス(本社:東京都渋谷区)が、一般消費者向け遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」において、がんに特化したメニュー「がんパック」の提供を開始した。

「MYCODE」は、2015年8月で、サービス提供開始1周年を迎える。従来の「MYCODE」は、疾病と体質とを幅広く網羅した、最大280項目の検査を受けることができる「ヘルスケア」を中心に、その簡易版で100項目の「ヘルスケアLite」、体質や祖先のルーツを知ることができる「ディスカバリー」というサービスを提供していた。
しかし、「病気や目的に特化した検査メニューが欲しい」というユーザーからの要望を元に今回、「MYCODE」で提供する全てのがん項目が入った新メニュー「がんパック」が追加された。
「がんパック」で検査可能ながんは、胃がん、食道がん、肝臓がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、子宮がん、卵巣がん、乳がん、前立腺がんなどを含む38種類。子宮がんは「子宮頸がん」と「子宮体がん」、肺がんは「扁平上皮がん」「肺腺がん」「非小細胞がん」など、細かく分かれている。

また、検査後のフォロー体制として、これまでの「Webで結果を確認する」他に、2015年9月末より、検査後に管理栄養士とTV電話を通じて50分の詳しいアドバイスを受けられるサービスの提供も開始する。こちらは従来から提供されている「ヘルスケア」のオプションであるが、9月10日までの利用に限り、無料で提供される。

国立がん研究センターの予測では、2015年に新たにがんと診断される人は98万2100人、がんで死亡する人は37万900人に上る。自宅で唾液を採取するだけで「がんの成りやすさ」が分かるこのサービス、1回あたり14,800円(消費税別)。尚、新サービス提供を記念し、9月30日までに「がんパック」を申し込んだ場合に限り、9,800円(消費税別)で利用できる。
(Medister 2015年8月31日 葛西みゆき)

<参考資料>
株式会社ディー・エヌ・エー プレスリリース 遺伝子検査サービス「MYCODE(マイコード)」提供開始から1周年 がんに特化した新メニュー「がんパック」の提供を開始

MYCODE がんパック

国立がん研究センター プレスリリース 2015年のがん罹患数、死亡数予測



Copyright 2008 GH Japan Inc., All rights reserved.